【怖い話】朝の駅で何気なくベンチに目をやると、和服の上に毛皮のオーバーを羽織った爺さんが深く腰掛けて大きく背もたれにもたれている。