【怖い話】親戚に体格の良い叔父さんがいた。彼が結婚したばかりの頃、奇行が目立つようになった。夜中の12時頃になると、訳の判らない事を口走ったり、 自分で自分の首をしめたり、いきなり高いところへ駆け上り跳び下りようとしたり…