【奇妙な】近所の店子がさつ人に遭ってから首の左側が妙に痛む【偶然】